上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
中3日経ってもくすぶり感が抜けないさなです(^-^;
危険を感じるのでおなにぃはお休みしております。

今日は先日の経緯の続きを書きますね。

「エネマグラを知る」
数年の流浪から戻ってきてしばらく経ったある日の事です。
元泡姫の女性とチャットで話していると、「エネマグラ」なる器具が「ドライオーガズム」に導いてくれる云々と教えてくれました。
詳しくはググれというので調べてみると、「男性のおしりに挿入して前立腺を刺激して女性のような絶頂を味わえる」だそうでした。正確には「おちんの勃起を矯正する医療器具」でした。
早速私も手に入れたのは言うまでも無かったですが、当時はまだエネマグラが医療器具としてでしか認識されていなかったため、高価だったのを覚えています(^-^; 確かまともなダッチワイフが買える値段だったような?

さて実際にプレイしてみると・・・入ったけど・・・うわっ!いたたたたっ!
「竹刀」と「浣腸プレイ」で人一倍の鍛え方をした私のおしりが拒絶反応を起こしたのです。
どうやらこの入手したエネマグラ、外人の汎用だった事が判明しました。・・・道理で太くてフィットしないはずですよ(^-^;
仕方ないので少し削ってはおしりに入れて・・・を繰り返し、やっとフィットするようにリファインしたのですが・・・私はおばかだったんですね、ぐりぐり動かして快感を引き出そうとしてしまったのです。
「ドライオーガズム」には程遠く、このプレイ2~3回した時点で明らかに神経系に異常を来たしてしまったのです。
「こんなはずじゃ・・・」と思っても後の祭り。おちんはしばらくおっきしなくなり、身体の間接そこかしこに変な痺れを持ち続けるというダメージを負って、腹いせにエネマグラをへし折ってしょんぼり・・・。
また時が流れて行きました(^-^;

「紅い精液」
エネマグラおなにぃに失敗してから、おちんで射精だけのおなにぃのみで生活していたある日の事です。
その日もお気に入りのAVを見てはぁはぁしていざ発射!!・・・でしたが・・・
「げえええええええええっ???」
ティッシュに白い精液ではなく、紅い血がべったりと付いていたのです!
慌てて性病科の医者に駆け込んだのは言うまでもありません。
診断結果は「おなにぃしすぎによる前立腺後方部炎症」でした(^-^;
4週間のおなにぃと性交禁止令を言い渡され、薬をおちんに塗り込める日々が続いて自分が少し空しくなりました(^-^;
完治した後は自分でも不思議なほどおなにぃの回数が激減し、そのまままた時が流れて行きました(^-^;

「敏感に感じる女性」
気が付くと、私はお見合い結婚をしていました。
しかし妻とのえっちは淡白そのもので、「男盛り」な年齢になった私にとってはかなり辛いものがありました。
仕方なくへそくりでこれまた何年かぶりに風俗へ行った時に、それはそれは敏感な感じ方をする女性がお相手でした。
どの部分も敏感に反応して感じまくるその姿に私も半ば唖然としました(^-^;
「凄く感じるようで、こちらも嬉しくもあり羨ましく思えるよ」と言うと、「わたしもこの身体、結構気に入ってるの^-^ 親に感謝だよ^-^」と笑顔で答えてくれました。

ここで何か、私の頭の中で氷解し、また昔からの葛藤が激しくぶつかり合いました。
「そうか・・・おちんだけじゃない! 私も女性のような感じ方を味わってみたいぞ!」

この日から妻に内緒の「過去に置いてきた心の女性を育てよう計画」が始まりました。
妻が仕事が遅くなって帰ってこない事を良いことに、「昔姉のでよくやったなぁ・・・」等と懐かしみながら下着や洋服とかを着てみたりして楽しんでおりました。
・・・もうここまで来ると通常の人から見ると「変態の領域」ですが、女性に生まれたかった願望が強い私にとっては普通の事です。

そしてやはり、女性に近づく術として避けては通れない「ドライオーガズム」の門を再び開ける事となったのです・・・。
そうこうしているうちに、このBlogを立ち上げていました^-^
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

line
ドライでイッてから約2日経ちました。
まだふわふわした様な感覚が残っています。

ブログ開始間もなくドライ絶頂を経験した私ですが、ここまでに約15年の歳月が流れています(^-^;
今回大きく貢献した私のおしりの壮絶な闘い?をお話しましょう。

グロな文章を含んでいますので、不快と感じたら以後は見ないようにしてください。


「最初から超ド級」
最初に就職した会社での事です。
身体が通常の男性より小柄で力も無かった私はいつも「からかわれ役」でした。
そんなある日、会社の若手衆で旅行へ行った時の事です。
酒宴でふざけ合っていた先輩方は、同じく酒で酔いつぶれ寸前だった私になんと「竹刀」をおしりに挿入。
さすがに酔いが覚めましたよ・・・私のおしりは今まで何も挿入などした事が無かったのですから(ノД`)
「竹刀」もビニールで覆って酒で消毒されていたようですが、そんな事関係ないです!凄まじい痛みしか覚えてません。先輩方も竹刀をぐりぐりさせて悶絶する私を見て笑っているんですから・・・今思うと酒の勢いの悪ふざけとはいえ「リンチ」同然でしょうね・゚・(つД`)・゚・
私のおしりは以後5日の間肛門が閉じきらなかったように覚えがあります。うんちも一苦労だったし・゚・(つД`)・゚・
こうして私のおしりは「ドラゴンクエスト」でLvが上がりっぱなしのような状態になってしまいました(^-^;

「彼女が持っていたアナルビーズ」
おしりに何も開発をせぬまま数年後、私に彼女が出来ていました。
彼女とSEXを楽しんだ後、彼女がバッグから変な数珠?見たいな物を取り出して言いました。
「わたしにこれ・・・おしりの穴に使って遊んでみて^-^」
そうそれは「アナルビーズ」でした。私はそれにローションを多めに塗りつけて彼女に1つずつ入れて行きました。
「ああっ・・・このおしりの異物感がいいの・・・ゆっくり出してみて・・んんっ~」
何だか私とのSEXよりよがってないか?と少しむかつきながらもゆっくりとビーズを出してみると・・・
「んああっ! ビーズが出るたびにイッちゃうよー!」
無事にビーズが彼女から取り出されると、本当に恍惚とした表情になっていました。
「そんなに気持ちいいもんなのか?」と私が言うと、「んじゃやってみる?」となったわけで・・・(^-^;
このプレイで初めてまともなアナル調教器具を経験しましたが、こと「竹刀」で鍛えられた私のおしりは「異物が入ってくる」という拒絶感は無かったです。むしろ気持ち良かったのを覚えています。
しかし数度彼女と経験をした後に別れてしまいました(ノД`)

「便秘にイチジク浣腸」
さらに数年後、私は度重なる食事の無茶が祟って便秘気味になっていました(^-^;
無論病院なんて行く時間が無く、市販の「イチジク浣腸」で治療することにしたのですが・・・。
「うわわわっ!?」
数分我慢してから排便してください・・・うん確かに医薬品の浣腸ですから当たり前なんですがね・・・。
「コレってすっげー気持ちいいじゃんか~!!」
すっかり浣腸プレイに目覚めた私は次の日に浣腸器具を購入して3日に1度のプレイに没頭する事になりました(^-^;
数ヶ月ほど楽しんでいましたが、家庭の事情で私は流浪の旅に出ることになり、とてもおなにぃに身を投じる余裕が無くなってしまいました(^-^;

・・・この続きはまた書きますね(^-^;
line
line

line
プロフィール

さな

Author:さな
現世ではうだつがあがらない会社員として働く男性。
しかし心は生まれながらにして純粋な優しさを持つ女性。
本当に女の子だったら良かったのに・゚・(つД`)・゚・

こんなひとですが、皆様よろしくね(´▽`)ノ
リンクは随時募集中です(´▽`)

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
初めにお読みください
このBlogは、「女性に生まれたかった」願望を永年抱いている一人の男性が「心の中の女性」を開放させて書き綴っています。
未成年・女性になりきりたい趣味や見解等に興味が無い方は観覧をお断りします。
また、それ相応の自慰行為や常軌を逸した行為もありますので、不快と感じる方も観覧をお断りします。
(なお、このBlogを見た上での中傷・非難やそれに相応する行為は固くお断りします。)
line
訪問者
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
18008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1196位
アクセスランキングを見る>>
line
リンク
line
ブロとも一覧

ドライオーガズムの体験日記|女になって犯されてみたい・・

(旧) KKYのBLOG

時と場所を超えて

ひとりえっちなブログ
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。